チヌ釣り テクニック

チヌの爆釣テクニックを公開したチヌ釣り入門ブログ

チヌ釣りの初心者必見!チヌ爆釣のマル秘テクニックを公開

浅場でチヌを狙うにはミゾが肝!

読了までの目安時間:約 6分

 

31940e5aeabfa876ce1bdf62_640

 

 

チヌ釣りでポイントを定める時に浅場を攻めようとする人は意外と少ない。

 

その大きな理由として、

 

 

  • 流れが複雑でフカセ釣りがしずらい。
  • エサ取りが多い。
  • チヌが掛ると走り回られて次の当たりまで時間がかかる。
  • 厳寒期にはチヌがいない

 

 

などなど。

 

確かに浅場と言ってもその形態は様々。

ゴロタ浜や岩礁帯、砂浜での渚釣りなど。

 

しかしチヌを狙う上でこれらのどのポイントよりも有力なのが「ミゾ」。

 

長い年月で波の侵食によってできた沖へと続く海溝「ミゾ」はチヌの通り道に

なっている事が多い。

 

堤防での船道もチヌのポイントになり易い事を考えると、チヌはミゾを好んで回遊していると言える。

 

 

チヌが浅場にいる理由

浅場のチヌを狙う時期で盤石な「乗っ込みの時期」がある。

チヌが産卵のため群れで浅場の藻場付近に上がってくる時期。

 

なぜチヌは浅場にやってくるのか?

 

 

産卵で身を隠す意味もあるが、チヌが浅場に回遊してくる大きな理由として

エサを求めている事が大抵。

 

 

群れで回遊し群れで捕食を続ければ、エサは食べつくされてしまうため

次の餌場に向かって回遊する。

 

浅場の藻場にはチヌの好むイ貝や海藻が豊富にあるためこういったポイントへと

次々と回遊してくる。

 

面白いことに集団でチヌが回遊してくるポイントで釣果が上がった時は

ほぼ必ずと言っていいほど沖へと続く「ミゾ」がある。

 

ミゾはチヌが餌場を探し移動するための回遊ルートになっていると考られる。

言わば幹線道路のようなもの。

 

 

また浅場にいるチヌはエサを探しているため当然活性が高い。

そのため非常に釣り易い状態と言え、これを狙わない手はない。

 

 

浅場のチヌ攻略の基本

砂浜の渚釣りでは離岸流という言葉が頻繁に出てくるが

浅場では大小の差こそあれ、様々な形で「離岸流」が発生している。

 

 

磯や浜に上がってきた波が沖に戻っていくという表層のイメージが強いが

離岸流は表向き穏やかでも、海面下では沖に向かって流れができている。

 

 

そのため浅場で仕掛けを投じる時には、ウキとハリの位置をマメに確認する必要が

ある。

 

ウキとハリにどれ位の差があるのか?仕掛けがどれぐらいのスピードで動き沈んでいるのかを、

ウキとハリ上下から確認し流れを読んでいく。

 

ミゾがどの地点にあるのかを優先し、仕掛けを投じ流していく。

離岸流による流れの変化から沈みねの位置を、仕掛けを投じる位置をマメに変えながら

探っていき「ミゾ」のポイントを明快にしていく。

 

 

サシエを投入する際には、離岸流がミゾに沿って沖へと流れていくため、ここを利用する。

 

特に浅場はフグやコッパグレ等のエサどりも沢山いる。

 

 

こんな時は手前にマキエを撒きエサ取りを引きつけておきながら、

離岸流の流れるミゾに向かって、マキエから離れた位置にサシエを流してやる。

 

 

チヌはマキエを遠巻きに見ている」という釣り師もいるほど。

 

ミゾにそって流れでたサシエを案外簡単に食ってくる。

 

 

まとめ

浅場は意外なほどな穴場。敬遠する釣り師も多いため、周りにアングラーがいなく

自由気ままに振る舞える事が多い。

 

もし浅場でチヌを狙っていてなかなか当たりがでない・・・

 

なんて時は色々な事を試しまくるといい。

 

 

ガン玉を追加してタナがとれているか確認する。

ツケエのオキアミに工夫を凝らす。

仕掛けを流す際に誘いを入れ、チヌの食い気を呼ぶ。

 

 

テクニック向上の場としてもチヌ釣りでは浅場・ミゾ狙いは最適。

 

 

浅場のミゾでチヌが掛かると大抵ミゾ伝いに逃げていきます。

 

こんな時は焦って無理に取り込もうとせず、走らせるだけ走らせると良いです。

根に入られる可能性もありますが、疲れさせた上で取り込む方がバラしにくい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・チヌ釣り初心者を脱出する方法

 

釣れるポイント   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る