フカセ釣り,送り込み,アンダーキャスト,初心者

チヌの爆釣テクニックを公開したチヌ釣り入門ブログ

チヌ釣りの初心者必見!チヌ爆釣のマル秘テクニックを公開

チヌのフカセ釣りではアンダーキャスト(送り込み)は超重要!

読了までの目安時間:約 4分

4685218314_b574fe3675_b

 

チヌのフカセ釣りでは投入フォームを見ればその人の力量がわかる。

というぐらいアンダーキャスト(送り込み)は基本中の基本です

 

 

投げ釣りなどにくらべるとフカセ釣りは仕掛け自体の比重が軽いためそんなに遠くまで飛ばないイメージがあります。しかししっかりした投入フォームを身に付ければ仕掛けを遠くまで飛ばすことも可能。

 

 

また堤防などで釣り場が混んでいる時も、下手に力んで竿を振り回したら周囲の釣り人と仕掛けが絡まってしまった。なんていうのも初心者にはありがち。

 

初めてチヌ釣りに行ったけどトラブルの連続で全くおもしろくなかった。

 

こんな風にならないためにもフカセ釣りでの正しいキャスティング法を紹介します。

 

 

アンダーキャスト

「送り込み」ともいう基本的な投入法。

 

適した釣り場と条件として

 

  • ポイントが近場の時
  • 左右に釣り人がいる時
  • 足場の高い堤防   

 

が挙げられます。アンダーキャストはチヌ釣り初心者がまず始めに覚えるべき釣法ともいえ、多少仕掛けから指が離れるタイミングがズレても大きく振り乱れるわけではないのでトラブルや周りの釣り人にも迷惑がかかりにくい。

 

アンダーキャストの手順

①まず自分の利き手に竿を持ち、もう一方の手でハリスを持ちます。ハリの少し上のハリスを持つと投げやすくなる

竿先にウキの重みを感じさせるようにし、少しだけおじぎをするように竿を前方に突き出し道糸を張っておく。

 

 

②ポイントを定め、竿の弾力としなりを利用しハリスを離し一気に仕掛けを弾き出す。あくまで力で投げるのではなく竿のしなりで投げるのがコツ。

 

 

③ウキが先行して飛んでいき、竿先よりも向こう側へ振れたら竿を斜め上に立てていき、道糸をフリーにする。目標地点にきたらリールからでるラインにブレーキ(人差し指で軽くサミング)をかける。

 

 

④ウキを支点にハリが振り子のように沖側へなびくのでブレーキを細かくかけながら竿を下げ、そっと水面にハリスを沈めていく。ジャボンと落とす感じではなく、そっと置くようなイメージで

 

 

アンダーキャストでの注意点

5メートル以上の磯竿を使う時には最も基本となる投入法だが、海面までの距離が近すぎるとサシエが

海面に叩かれてはずれてしまったりする。

 

またラインにブレーキをかけるタイミングも重要で急ブレーキをかけるとサシエが落ちてしまったり、

ブレーキが遅すぎるとラインがくの字になってしまいそのままの状態で着水するとウキと絡まってしまう。

 

初心者のうちは何度もトライして仕掛けを流すコツをつかむのが重要。竿先から針までが一本の線になるようなイメージで何度も失敗を繰り返そう!

 

 

・チヌ釣り初心者を脱出する方法

 

仕掛け投入テクニック   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る