ウキ 水深 距離,チヌ釣り 

チヌの爆釣テクニックを公開したチヌ釣り入門ブログ

チヌ釣りの初心者必見!チヌ爆釣のマル秘テクニックを公開

水深と距離によるウキの使い分け

読了までの目安時間:約 6分

paseo_arboles_trees

 

 

チヌ釣りで初心者が釣り場に持参するウキの使い分けを

狙う水深と距離の面から解説します。

 

自分が初心者だった頃、最低限揃えておくべきウキの種類が全く分からなかったので

ここで紹介します。

 

 

水深(ウキ下)で決めるウキ

チヌ釣りでまず直面する問題が水深です。

 

春の産卵期「乗っ込みの時期」にはチヌが磯や藻場の浅場に浮いてくることもありますが

通常は水深が何メートルかで使用するウキが変わる。

 

狙うタナが深いのか浅いのか、これによって使うウキの種類が変わるということです。

 

そこで水深をざっくり

 

  1. 浅い(5メートル未満)
  2. 普通(5~8メートル)
  3. 深い(8メートル以上)

 

の3つに分けて使うウキの種類を考えていきます。

 

浅い(5メートル未満)の時

水深は浅いので固定仕掛けで狙っていく。

 

円錐ウキ:0から2Bの浮力表示

棒ウキ:0から2B

 

円錐ウキを固定する場合は専用のアイテムや爪楊枝を使って固定する。

 

 

普通(5~8メートル)

これぐらいの水深では磯、堤防問わずに遊動仕掛けで狙う。

狙う水深も広がるので

 

円錐ウキ:3Bから5B

棒ウキ:3Bから5B

 

 

単純に狙うタナが深いから重くするのではなく、潮の流れる速さや

チヌの活性も同時に考えることが重要。

 

 

初心者で3Bのウキでなかなか沈められない時は、5Bにするなど工夫すると良い

 

 

 深い(8メートル以上)

これ以上の水深になると移動仕掛けで一気に仕掛けを落としていくのが

効率が良い。

 

円錐ウキ:1から2号

棒ウキ:1から2号

 

 

強風やうねりが強くても一定のタナをキープできるように重めのウキを

選ぶ。こうすることで微妙なタナを狙える

 

 

狙うポイントまでの距離でウキを決める

水深の次に問題になるのが狙うポイントまでの距離。

 

距離によってウキを使い分ける要点はウキの「自重

狙う距離によって使うウキのサイズ小、中、大と使い分ける。

 

10メートル以内の至近距離:ウキのサイズ小

10~20メートル中間距離:ウキのサイズ中

20メートル以上の遠投距離:ウキのサイズ大

 
大雑把に言うとこういったくぐりで分けると分かりやすい。

 

 

ポイントの距離が遠くなればなるほどウキのサイズが大きくなるのは

遠投しやすくするため。

体積は大きいが自重は少ないウキもあるので、しっかりとウキの重さも確認する。

 

 

特に円錐ウキでは球形や下膨れしている形が飛距離がでて遠投しやすい。

 

 

また強風や向かい風の時で仕掛けが投げにくい時は、至近距離でもウキのサイズを中に

したり、中間距離で大のウキサイズを選ぶと投入しやすくなる。

 

 

まとめ

チヌ釣りをする時に最低限揃えておくべきウキの種類として

水深と距離の面から考えると

 

3×3=9個

 

のウキが必要になります。

 

 

チヌ釣り初心者の頃はこの数が多いと感じるかもしれません。

 

ただ自分のテクニックや経験が向上してくると必然的に狙うタナ(水深)や距離(ポイント)が

広がってきます。

そうなると結果として自然と使うウキの種類が増えていくのが普通です。

 

 

自分が初心者の時は、慣れなく根掛かりなどのトラブルを多発してしまい道糸を切ってしまう

ようなことをよくやっていました。

 

狙うポイントが定まっているのに同じ仕掛けが作れない・・・

 

そんなアクシデントに対処できるようにも、狙うポイントと仕掛けが決まっているなら

プラス一個の予備のウキを用意しておくのが良いかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

・チヌ釣り初心者を脱出する方法

 

ウキ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る