チヌ釣り テクニック

チヌの爆釣テクニックを公開したチヌ釣り入門ブログ

チヌ釣りの初心者必見!チヌ爆釣のマル秘テクニックを公開

フカセ釣りの初心者は円錐ウキ!?

読了までの目安時間:約 6分

a0001_003369

 

「チヌのフカセ釣りで初心者が分かりやすく使い易いウキって円錐ウキですか?」

 

先日こんな質問を受けました。

 

自分の後輩ですが、おそらくウキの意味を理解していない事が感じられたのでウキの役割から詳しく

説明してあげました。

 

ここではチヌのフカセ釣りでのウキの存在理由と役割を種類などを交えて考えてみたいと思います。

 

 

ウキの役割

普段何気なく釣り道具の一部分としてだけつけているようにもみえる「ウキ」。

しかしこのウキ、海の状況を的確につかんだり、仕掛けを正確に狙った地点に運ぶなどじつはかなり重要な役割を

果たしています。

チヌ釣りの初心者だけでなく、ベテランのアングラーさんも意外と見落としているかもしれません。

 

  • アタリを伝える
  • 目印となり潮の流れを掴む
  • 底を計る
  • 狙ったポイントに仕掛けを流す
  • タナを一定に保ち変化に気付く
  • ウキの反応を見てチヌ釣りを楽しむ

 

主に以上のような役割があると言えます。

 

 

アタリを伝える

当たり前ですがウキがあってこそ水面下の動きが水面上に表れます。ウキを使用しないと竿や道糸で

チヌのあたりを判断することになります。(完全フカセ釣り

 

これだとまず初心者が小さなアタリを掴むことが不可能ですね。

ウキで小さなアタリでも見逃さない。ウキの持つ第一の役割です。

 

 

目印となり潮の流れを掴む

ポイントを広くとっているとどこが釣れたポイントか見失いがちになる。

 

そんな時に見やすいウキを使っていればポイントが脳裏に焼きついたりするものです。

また潮の流れる方向や速さを調べるのにも有効。高台から目視しているだけでは潮の流れる速さまでは

掴みにくい。

 

 

底を計る

ゴム管付き錘で底を測る時はウキの沈み具合、傾き具合などで水深を測ります。

 

底取りができなければタナ取りができません。

タナ取りができなければポイントも決まりません。

 

 

狙ったポイントに仕掛けを流す

仕掛けを遠くに飛ばしたい時は重めのウキを使ったり、潮に流れがある時はウキそのものの体積比重で

流すようにポイントに仕掛けを運んだりする。

的確に狙った地点へと運んでくれるため、カンや運に頼らずに釣りができる。

 

 

タナを一定に保ち変化に気付く

ウキを固定させることで一定の水深を狙い続けることが可能。

仕掛けを横に流している時は水深に変化があるとウキが傾いたりするので、底の変化にも気付けます。

 

アタリがでた時にもウキの変化に合わせてタナの調整もすることができ、消しこむような強いウキの沈みの場合は

ウキ下が浅めだと判断でき、震えるような微妙なウキの動きの時はチヌが居食いしている事が多くウキ下が深すぎると考えられるので調整をかけてやります。

 

 

ウキの反応を見てチヌ釣りを楽しむ

ここはある意味精神的なことであまりテクニックとは関係ない部分ですが、実際のところ結構大事です。

 

初心者、上級者にかかわらずチヌ釣りの醍醐味はアタリがあった時

 

そこでやっとスタートと言ってもよく、ちぬがエサをくわえてウキを引き込んでいく様子は一番の興奮所です。

自分が考え抜いて選んだウキでアタリがとれればまさしく感無量です。

 

 

そして初心者は円錐ウキか?

結局のところ、チヌ釣り初心者にあったウキは円錐ウキか棒ウキか?

 

私個人の見解では好みの問題もあるのでどちらでもいい。というのが答えなのですが、一番良い方法は状況に応じて

使い分けるというのが的確かと思います。

 

 

例えば、水深や底を測る時は傾き具合の分かりやすい棒ウキを使うのが効果的だし、小さなアタリを取ることに

慣れたければ有効でもあります。

 

一方円錐ウキは釣り時に風が強かったり、波が荒かったりと色々なシチュエーションがある中、悪条件でもキャストしやすく

うねりが強くても比較的簡単に初心者でもタナをキープできる。

仕掛け自体もシンプルにできているので、糸絡みなどのトラブルも起きにくい。

 

トラブル続きで解消に時間がとられ、肝心のチヌ釣りを楽しめない!というのであれば円錐ウキを使えば良いでしょう

 

長年愛用している円錐ウキは「ソルブレ PFフカセ」です。

 

安定感が抜群でおすすめします。

 

 

 

 

 

 

 

・チヌ釣り初心者を脱出する方法

 

ウキ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る