風 有利 釣り座,釣り座

チヌの爆釣テクニックを公開したチヌ釣り入門ブログ

チヌ釣りの初心者必見!チヌ爆釣のマル秘テクニックを公開

風に有利な釣り座って?

読了までの目安時間:約 5分

a1230_000002

 

 

チヌ釣りで自分が立つ位置を「釣り座」と呼ぶ。

 

 

釣り座の取り方は風の吹く方向や、磯の地形によって変わってくる。

 

 

何度も通っているお馴染みの釣り場であれば、以前に釣れた場所やカケアガリの場所、

潮流の流れなどおおよその事がつかめているかもしれない。

 

 

しかし全くの初めての釣り場となると、こういった情報がないため事前に釣具店や

釣り雑誌などで調べる事となる。

 

ただこういった、いわゆる釣れるポイントというのは他の釣り人にも情報が入っていたり

するので、そのままそのポイントで有利な釣り座を構えられるとは限らない。

 

 

そこで、まず最低限に外部の情報に頼らずにも押さえておきたい基本的な釣り座の基礎と

磯でも堤防でも釣り場に入ってまず確認しておきたい風に有利な釣り座の条件を解説していきます。

 

 

 

基本的な釣り座の取り方

釣り座選びの第一条件として、まず釣り易いかどうか。バッカンを置くスペースがあるか?

仕掛けを振り込む時の障害がないか?安全に釣りができるか?

 

 

特に磯ではあまりにも釣り座が高いと、チヌを取り込む事ができなくなる。

こういった時には一段低い岩場があるかどうかを調べておくのがよい。

 

 

釣り座はできるだけ低い位置の方がよく、竿先が海面に届くくらいが丁度良い。

 

 

これは風の強い時に、道糸が流されるのを防ぐためでもあり、あまり高い位置に釣り座をとると

チヌに警戒されてしまう恐があるので、これを防ぐ意味合いもある

 

 

風を考慮する

風向きとして一番釣り易い状況が追い風です。

 

これは風の影響で仕掛けのコントロールがしやすく遠投も容易で、マキエも狙ったポイントに

楽に投入できるため。風に有利な釣り座の筆頭に挙げられます。

 

 

逆に釣りにくいのが向かい風。

 

マキエがコントロールしにくい上、仕掛けが思うように飛ばずあまり強引に振りぬくと

サシエが抜けてしまったりする。

 

磯であれば背後が切り立った崖下を探して釣り座にすれば、向かい風を軽減できる。

崖が風を跳ね返し、弱めてくれるため。

 

向かい風はあまりにも強風でなければ、サラシを利用できる釣り座でもある。

この場合できるだけサラシが伸びているポイントを選び、サラシに乗せてマキエとウキを流していく。

 

 

一番厄介なのが横風。

 

 

道糸のでる長さが大きくなればなるほど横風の影響を強く受ける。仕掛けが風下に戻されて

しまうため、定期的に竿先を動かし道糸をコントロールしなければならない。

 

また横風は水面に波紋をつくるため潮の流れが非常に見えにくい。

 

こんな時は体を斜めにして風を背に受けるような対処をするが、あまりにもひどい時は

ポイントを変えるほうが賢明です。釣り座としては最も風に有利でない釣り座となる。

 

 

まとめ

磯でも堤防でも先端と角付近は潮の流れが変化しやすいため、釣り座として人気の高い

位置です。

 

しかし場所や風の吹き方によっては、付け根よりの方が風に有利になり釣果が上がることも

ある。

 

 

同じような釣り座並びでも条件が違えば、仕掛けの流れ方も大きく変わってくるため

経験を積んで、風に有利な釣り座を選べるようにしていくしかない。

 

 

もし失敗しても、よく観察しておく事で次のステップアップにつながっていく。

 

 

 

 
いつも応援クリックありがとうございます
少しでもイイねと思いましたらポチっとしてもらえると幸いです
にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

 

 

・チヌ釣り初心者を脱出する方法

 

釣れるポイント   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る