チヌ釣り テクニック

チヌの爆釣テクニックを公開したチヌ釣り入門ブログ

チヌ釣りの初心者必見!チヌ爆釣のマル秘テクニックを公開

テトラでチヌ釣りする時の注意点

読了までの目安時間:約 6分

a0001_011950

 

堤防でチヌ釣りをする時の有力ポイントの一つにテトラポットがある。

 

これは地形的な変化が乏しい堤防に対して、貴重な変化を与えてくれるため

魚が釣れる理由を作ってくれている。

 

 

テトラがあるが故に小さな波でもサラシができたり、漁礁としての役割も担ってくれ

チヌの隠れ家としても最適なものになっている。

 

 

ただテトラポットがあればどこでもチヌが釣れるというわけではなく

ポイントや狙い方も当然にある。

 

また足場が非常に不安定なため、チヌ釣り初心者は特に注意が必要な場所でもある。

 

 

 

こんなテトラが狙い所

テトラポット地帯を狙う時の注意点として

 

 

  • テトラポットの切れ目(終了地点)
  • 海中に沈んだテトラが海面に張り出している所
  • 海溝がある所
  • 新しいテトラと古いテトラの境界点

 

 

こんな場所がテトラでのチヌ釣りの有力ポイント。

共通項は全てわずかながらの変化が生じている点。

 

また水深が深い釣り場では、沖に向かってテトラが高く積み上げられて入る場所もある。

こういった所ではチヌが中に入り込んでいる事も多い。

 

 

朝と夕のマズメの時になるとテトラの傾斜面にでてくるので、ここも時間帯によっては

有力のポイントになる。

 

 

テトラを攻める仕掛け

テトラ周辺でチヌを狙う場合、潮の流れが変化するポイントや僅かなサラシの生じている地点を

狙う事が多い。

 

しかし一番の狙い目はテトラと海底の底部分。そのポイントにめがけてマキエをまいていく。

 

チヌが底にいるの法則もあるし、マキエをまいている過程でテトラからチヌがひょっこり

でてくる可能性も高い。

 

ウキ止めをしっかりと付け半遊動仕掛けで狙っていく。

 

 

仕掛けを流しっぱなしにするのではなく、引き戻し再度タナを浅くして沈め直していけば

流している途中でも上から再び狙えるので、底付近のチヌだけでなくテトラに隠れているチヌを

誘い出すことができる。

 

 

チヌはテトラにそって浮いてくることも多いので、毎回でないにしろ仕掛けを止めたりして

食い気を誘うといったテクニックも重要になる。

 

テトラ付近は潮の流れが比較的緩やかなので、スムーズな仕掛けの投入と的確に潮の流れを

つかむために水中ウキを使うと良い。

 

ただ出来る限り仕掛けはシンプルにしたいので、スリムで小型の物を選ぶ。

 

 

全遊動仕掛けで引き戻しを行う時の注意点としてマキエとの同調が挙げられる。

 

当然引き戻すため、それまで一緒に流れていたマキエから仕掛けが外れることになるため

それを考慮したマキエワークが必要になる。

 

マキエを撒くタイミングを遅らせたり、位置をずらしたりするなどの工夫が必要。

慣れない場合、いっそ広範囲に渡ってまいてしまうというやり方もある。

 

 

まとめ

堤防でのポイントとしては一級の場所になるテトラだが、足場が悪く非常に危険なポイント

でもある。

 

特に丸型テトラだとランダムに積まれており、傾斜があったりして荷物やバッカンを置く位置にも

困ったり、海苔で足場が滑ったりと初心者、上級者問わずかなりの注意が必要になる。

 

そのため堤防とはいえライフジャケットの着用は必須

危険を感じたら無理せずにポイントを変えた方が良い。

 

 

スパイクでテトラに上がるのは絶対NGで、ハイパーvソールのスニーカー作業靴

一番滑らずに安定します。

 

多少海苔に弱い面もありますが、スニーカーになっているため軽く、踏ん張りも効きます。

値段もお値打ちです。

 

 

 

 
いつも応援クリックありがとうございます
少しでもイイねと思いましたらポチっとしてもらえると幸いです
にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

・チヌ釣り初心者を脱出する方法

 

釣れるポイント   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る