サラシ フカセ釣り チヌ

チヌの爆釣テクニックを公開したチヌ釣り入門ブログ

チヌ釣りの初心者必見!チヌ爆釣のマル秘テクニックを公開

サラシ場をフカセ釣りで攻略するには?サラシを突破する工夫とは?

読了までの目安時間:約 6分

a1180_007064

 

 

磯やゴロタ浜に波が打ち寄せると波しぶきが立ち、海面が白くなっています。

 

 

いわゆる「サラシ」です。

 

 

グレ釣りではサラシ場は有力ポイントとして頻繁に取り上げられますが、チヌのフカセ釣りでサラシ場は攻略することは可能なのか?

 

まとめてみました。

 

 

 

サラシ場が有力ポイントな理由

サラシ場はなぜ有力なポイントなのか?

 

その科学的な根拠として、打ち寄せる波が岩場に叩きつけられた際に海中に酸素を取り込み魚を活性化させるため。

 

岩場に付着している海藻やカニ、稚貝などを供給してくれるためサラシ場はフカセ釣りで狙う有力なポイントの一つと言われます。

 

 

また海面に広がる白波や打ち寄せる波の音が、釣り人にとってはブラインド効果をもたらしてくれるため警戒心の強いチヌにも気配を気づかれにくいからとも考えられます。

 

 

サラシ場は様々なタイプの渦が発生しやすく、マキエが留まりやすいためチヌも舞い上がってくる。

 

こういった点もフカセ釣りに適している理由といえます。

サラシができやすいポイント

ざっくりとですがサラシができやすいポイントをまとめてみました。

 

参考にして下さい。

 

波の砕けやすい浅浜やゴロタ浜

 

ハエ根・沈みねが点在するポイント

 

前下りに斜めに落ち込む岩場

 

ケーソンとケーソンの隙間

 

テトラポット周辺

 

大きな石を敷き詰めた石積堤

 

 

 

 

フカセ釣りでサラシ場を攻略するには

フカセ釣りでサラシ場を攻略するには、サラシに負けないしっかりとした仕掛けを作るのが基本。

 

4Bのウキに対してサルカンの上に2Bのガン玉、ハリスの真ん中にもBのガン玉を打ちサラシにもまれてもしっかりとタナをキープできるように仕掛けを安定させます

 

水深が深いポイントでは底潮をしっかり捉えるために重めの水中ウキを使って仕掛けが上下しないよう工夫するのも良い。

 

 

サラシ場でのマキエの撒き方

サラシ場ではマキエを撒くには、タイミングやサラシの状況が重要になります。

 

エサ取りも沢山いるので慎重に対処したいところ。

 

サラシの表面は流れが速く沖にでていくが、岩にぶつかった流れは下方向にも流れが形成されています。

 

そのためマキエを表面遠くまで効かせたい時は、波が大きく打ち寄せた時に波に向かって打つ

 

サラシの下にマキエを潜らせたい時には、波が大きく引いたタイミングで岩に向かって打ち、次のサラシと一緒にマキエを底辺に流してやるのがポイントです

 

 

 

サラシの下を狙うのが肝

サラシ場でのフカセ釣りはとにかくサラシを突破して、その下を狙うことがキーになります。

 

サラシを突破した仕掛けを作ったものの、チヌのタナがわからない時には1号ウキでサルカンの上に1号のガン玉を打ち、ハリスを2ヒロにします

 

ハリスには何もオモリは付けずに、サラシ下の潮にハリスをなびかせてチヌの回遊層を探っていく。

 

底潮に流れがあれば、ウキ下を水深より長めにとっても仕掛けが根掛かりすることもなくタナを探っていけます。

 

エサ取りもサラシも突破させたい時には、3Bの円錐ウキに対してハリス上だけにBのガン玉を点打ちするという真逆の方法が有効。

 

ハリスは2ヒロに取りガン玉Bを2個打つ。下のガン玉はハリに近すぎると根掛かりを起こすので1mほど間隔をあけて打ちます。

 

ウキの浮力よりも重いオモリを付けているため仕掛けが馴染めばサラシに負けずゆっくりと沈んでいきます。

 

仕掛けが見えなくなったら再度引き上げ上層部から狙っていく。

 

 

まとめ

サラシ場でフカセ釣りをする時は、海面下の状況がつかみにくくサラシによる流れの変化も強いのでマキエも仕掛けもコントロールがつきにくいです。

 

思わぬ地点にマキエが滞留しているなんてこともあるので、そういった地点もよくみて狙っていく必要があります。

 

サラシが切れる先端でマキエが滞りチヌがあたってくる事もよくあるので仕掛けを臨機応変に変更して同調させていきたい。

 

 

サラシが発生する場所は同時に高波も発生します。

 

サラシ場でフカセ釣りする時は安全を確保した上でのぞみましょう

 

 

・チヌ釣り初心者を脱出する方法

 

釣れるポイント   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る