チヌ釣り テクニック

チヌの爆釣テクニックを公開したチヌ釣り入門ブログ

チヌ釣りの初心者必見!チヌ爆釣のマル秘テクニックを公開

フカセ釣りでのパッキングのちょっとした工夫

読了までの目安時間:約 6分

2158015510_55c3922451

 

 

チヌのフカセ釣りでは狙うフィールドも多彩で、扱う道具も多いことから

パッキングも重要になる。

 

運動靴にGパン、Tシャツに竿一本というわけには当然いかず、必要な物を

必要なだけいかにコンパクトにパッキングしているかが釣果にも影響してくる。

 

自身チヌ釣り入門当時にありがちの事でしたが、何を持ってきていてどこにしまったのか

分からない。

持ってきてないとおもっていた物が、後から出てきた。

 

そんなこんなで結局、

 

もっと攻略できたはず・・・。

もっと色々試せればテクニックも磨けたはず・・・。

 

となりました。

 

チヌ釣り上級者でパッキングが雑な人はいない。それはパッキングをしっかりすることが

釣果に影響する事をよく理解しているから。

 

 

季節やポイントにもよるが、ここでは最低限知っておきたいチヌ・フカセ釣りでのパッキングの基礎と

具体的な整理法、押さえておくべき点を紹介します。

 

 

パッキングの基礎

磯や堤防で行うチヌ・フカセ釣りでは出来る限りコンパクトに荷物を

まとめたい。

 

しかし最低でもロッドケース、タックルバック(磯バック)、クーラーボックス、バッカンこの4種類は

必須になる。

 

クーラーボックスは季節によってはいらないかもしれないが、夏場には必需品であり椅子にもなり

飲み物や食べ物も入る。またオキアミをより新鮮な状態で保存できる事を考えるとあったほうが良い。

 

大きめのクーラーボックスと、その中にスッポリ入るバッカンを用意するのも

パッキングテクニックの一つ。

 

 

他のアウトドアでもそうだが、チヌ釣りはポイントを探したり釣り場の状況を確認したりと

なにかと道具を持って歩きまわる。

 

こんな時重心バランスの悪い荷物では、移動の度に疲れたりとバランスが悪い。

 

 

パッキングの基礎として、クーラーボックスやタックルバックに荷物を入れる時は

内側(自分側)に重いものを入れると比較的バランス良く持てる。

 

 

ハリスやハリは専用のポーチに入れる。ウキは用途別にわけてケースに入れておく。

タオルやティッシュは専用のビニールにまとめる。

 

こんな形でジャンル別に袋やケースに入れひとまとめにしておくとフカセ釣りにおける

パッキングの効果も高く必要なものがどこにあるのかもすぐに分かる。

 

 

天候が崩れそうな時には雨具やビニール類をバックの一番上に収納しておけば、

急な変化にも素早く反応できる。

 

 

ロッドケースも重要なパッキングアイテム

釣り場に行くとロッドケースを使わず、竿やヒシャクを手で持っている人がいるが

破損の防止とパッキングの要素が強いためロッドケースは必ず準備する。

 

リールをセットしたまま収納できるタイプのものなら現地にいってからセッティングする

手間も省けスムーズにチヌ釣りがスタートができる。

 

 

タモの柄ホルダーやインターラインポケットなどが付いていればパッキングも分かりやすく

どこに何が収納されているか整理がつきやすい。

 

 

大型ポケットが付いていれば、そこにウインドブレーカーやタモ枠、ヒップガードも

仕舞いこむ事ができ便利。

 

 

まとめ

ハリスやガン玉、ウキ止めなど通常使用するフカセ釣り用小物類は全部ライフジャケットに

入れてしまい、タックルバックには予備を入れるようにする。

 

 

初心者のころは何をどれだけ持って行っていいのかの判別が難しい。

不要なモノを持って行ってしまい、必要なモノを持ってきていない・・・。

 

フカセ釣りを長くして経験を積んでいけば、自然と必要なモノがわかってくるが

慣れるまでは自分なりのチェックリストを作ったり、前日に仕掛けのシュミレーションを

するなどして必要なモノいらないモノをイメージしておく。

 

 

色々と用意するものが多すぎて収拾がつかない場合は、何が必要か?ではなく何がいらないのか?

で選ぶのも一つのパッキングのテクニックです。

 

 

 

 

 

 

 
いつも応援クリックありがとうございます
少しでもイイねと思いましたらポチっとしてもらえると幸いです
にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

 

 

 

 

・チヌ釣り初心者を脱出する方法

 

未分類   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る