チヌ釣り テクニック

チヌの爆釣テクニックを公開したチヌ釣り入門ブログ

チヌ釣りの初心者必見!チヌ爆釣のマル秘テクニックを公開

打ち返しでチヌを効果的に誘う

読了までの目安時間:約 6分

6231015716_35ae1083b1

 

仕掛けを流したら流しっぱなし・・・。

 

まだチヌ釣りを始めて間もない初心者にはありがちな光景。

 

かくいう私もそうで、仕掛けを投げたもののどれぐらい流して、どのタイミングで

回収してよいのか分からなかった。

 

 

この仕掛けを投入し回収。再度投げる行為を「打ち返し」といいますが

もし初心者や投入のタイミングが上手くはかれていない方は時間を決めてしまう方法が

分かりやすい。

 

 

打ち返しの回数を増やす

フカセ釣りはマキエとサシエの一致でチヌを釣り上げる手法。

しかしいざ仕掛けを投入してみるとマキエとサシエが同調している時間は結構少ない。

 

 

当然海には潮流があり仕掛けが流されるし、風が強ければ道糸がよれてマキエの位置から

少しずつ遠ざかっていってしまう。

 

後からマキエを仕掛けめがけて追い打ちするという方法もあるが、それよりも打ち返しを

多用した方が絶対に良い。

 

 

一般的にはチヌは底を釣るのが基本。これはチヌの魚眼レンズと網膜を結んだ線(視軸)が

下方向きにあるため、底を這う生物を捕食しているという考えに根付いているから。

 

しかしチヌだけでなく魚全般に言えることで、上から落ちてくるエサに興味を示すという事実が

ある。

 

これはカラス貝をサシエにチヌを釣った経験がある方ならご存知かもしれませんが

 

堤防に付いているエサには食いつかないが、ハリに掛かったカラス貝には食いついてくる事からも

チヌが上から落ちてくるエサに興味を示すという事柄を裏付けることができる。

 

おそらくですが魚は重力で上からエサが落ちてくるということを本能的に

知っているのかもしれません。

 

 

落とし込み釣りはチヌのこういった習性をうまく利用した釣法で有名です。

 

 

フカセ釣りにおいても同様で、要は打ち返しを多用してサシエが何度も上から落ちてくるという

シチュエーションを沢山作ってあげるのです。

 

 

打ち返しのリズムを決める

打ち返しをするタイミングとして仕掛けがマキエからズレてしまったら

もう一度潮上から流す事が重要。

 

しかしマキエとも同調していてサシエも残っている時はいったいどれくらい

仕掛けを流せばいいのか?

 

打ち返しが多い方がいいというけど・・・

 

 

ここは自分の中で流す時間を決めてしまった方が良いです。

 

 

仕掛けを投入し、ウキの遊動が馴染んでいる(マキエとも同調している)状態から

1分なら1分。2分なら2分といった案配。

 

 

こういった形で決めてしまうとリズムがつかみやすくなるため、特に入門者には

非常に分かりやすい。

 

 

あまり長すぎるのも無意味で、チヌの活性の低い冬でも最高3分以内が目安。

 

 

このテンポとリズムを守って打ち返しを繰り返し投入していけば、

水深の深いポイントで仕掛けが馴染むのに時間がかかっても20投はできる。

 

 

まとめ

打ち返しの回数はチヌ釣り初心者の人ほど多くやったほうがいい。

 

 

チヌを効果的に誘える可能性が高まるのは勿論、なんといってもラインコントロールの基礎を磨く

トレーニングになる。

 

 

マキエとサシエをなんとか同調させようという意識も強まるし、ポイントによる潮の流れ方や

風での道糸の変化を幅広く捉えられて、それに対する対処という経験が少しずつ積み上がりテクニックが

向上する。

 

 

面倒くさがらずにやる地道な作業の連続が、チヌ釣り釣果の偶然性を排除するということを

身にしみて理解できます。

 

 

 

 

 
いつも応援クリックありがとうございます
少しでもイイねと思いましたらポチっとしてもらえると幸いです
にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

・チヌ釣り初心者を脱出する方法

 

仕掛け投入テクニック   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る