チヌ バラシ、チヌ バラシ 弾力

チヌの爆釣テクニックを公開したチヌ釣り入門ブログ

チヌ釣りの初心者必見!チヌ爆釣のマル秘テクニックを公開

チヌをバラさずにやりとりする秘訣

読了までの目安時間:約 6分

196

 

せっかくハリに掛けたチヌをバラしてしまい取り込みできないとかなりへこみます。

 

特に初心者の頃はチヌが掛るだけで焦ってしまい、どうしていいか分からずに合わせと同時に大慌てでリールのハンドルを懸命に回してしまいがち。

 

竿の弾力が死んでいるにも関わらず必死で道糸を巻くからチヌに走られて簡単にハリスを切られバラしてしまう。

 

 

ウキにアタリがあった瞬間からチヌをバラさずにやりとりするには、一体どんな点に注意すれば良いのでしょうか?

 

 

 

リールのハンドルから手を離す

合わせと同時に勢い良くリールを巻くとどうなるか?

 

まずチヌなのか何の魚なのか分からない。魚が分からなければ大きさも動き方も読めませんね。

 

仮にチヌが掛かったとしても、勢い良く回したリールの振動が伝わり猛烈に走りまわられてしまうのがオチでしょう。

 

その結果、良い角度で立っていた竿が寝かされてしまい、弾力を失いハリス切れを起こしてしまいチヌをバラしてしまう。

 

そうならないためにもアタリがでたら合わせと同時にリールのハンドルから手を離してしまうのが良い。ハンドルから離した左手は補助的に竿尻を軽く掴む。

 

 

竿の角度を45~60度に保ちながら、竿先が少し曲がる程度にしてチヌの大きさ、重量感を的確に把握する。

 

重量感が無ければ小型のチヌと判断し、竿尻をチヌの方に向ける感じで竿を後ろに立てていく。

 

重量感が強く大型の可能性が高い場合は、道糸を送りながら徐々に竿を立てていく。竿を立てたら道糸の出を止め、竿の弾力を利用しチヌの走りに抵抗します。

 

チヌの勢いが強くこれ以上竿の弾力を活かせないと感じたら、再度竿を斜め45~60度の角度に戻し、ラインを送り走らせる。

 

 

その時、道糸は出し過ぎるとチヌの可動範囲を広げ、根に回られバラシの原因になるので注意!

 

 

竿の弾力をフル活用することを意識し、竿を横に寝かせたりして竿先、チヌ、釣り人が常に三角形状態を保っている事を意識するとバラしにくくなります

 

 

この竿の角度を保つことがチヌをバラさずにやりとりする最大の秘訣で竿を倒されそうになったら、ブレーキレバーを緩めてラインを送りながら元の角度に竿を戻していきます。

 

リールがドラグ式のものであれば、竿が倒され角度が下がった段階でラインが自動的に送り出されます。

 

ドラグ式の場合は設定を弱めにしておき、スプールから道糸が出された時に指を当ててラインの出をコントロールするというやり方もできます。

 

 

竿の弾力で取り込む

ここまできてようやくリールに手をかけ巻き、チヌを浮かせていく。

 

チヌをバラさずにやりとりするにはリールで巻き上げてやりとりするというよりも、竿の弾力を十分に活かし、竿で浮かせていくようなイメージを持つ。

 

チヌが走り疲れて力を失ってきているのを感じたら、竿をゆっくり大きく立ててチヌを浮かせ、再度竿を素早く寝かせ、生じたラインのたるみを巻き取っていきます。

 

 

竿を前に寝かせる時には、出来る限り道糸のたるみが生じている時間をなくすように素早く巻いていく

 

リールを勢い良く巻くタイミングはここです。

 

こうすることでチヌに再度走る余地を与えず、たるみからハリが外れバラしてしまうのを防ぐことができます。

 

 

チヌが水面に浮いてきたら、十分に空気を吸わせ酸欠状態に追いやっていきます。

 

 

まとめ

初心者は魚がかかって竿がグイーンとしなるとそれだけで焦りと興奮から慌ててしまいます。

 

何がなんでも取り込みたいという気持ちが先行するのは痛いほど分かりますが、まずは落ち着くことが大切。極端な話、落ち着くだけでもチヌのバラシは軽減できます。

 

最悪ばらしても構わない、やりとりの経験値を積むぐらいの覚悟を持ち、チヌとのカケヒキを楽しむ意気込みでやった方がむしろ成功します。

 

 

竿の弾力、三角形の角度を意識し、リールを巻くタイミングこの3点を意識しやりとりすればチヌをバラさずに取り込めるでしょう。

 

 

 

・チヌ釣り初心者を脱出する方法

 

仕掛け投入テクニック   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る