タモ入れ チヌ

チヌの爆釣テクニックを公開したチヌ釣り入門ブログ

チヌ釣りの初心者必見!チヌ爆釣のマル秘テクニックを公開

タモ入れをスムーズに決める。チヌ釣りでのワンポイントアドバイス

読了までの目安時間:約 6分

51e2azCfkKL

 

「大物のチヌが掛かったから絶対にばらしたくない」

 

こういった不安から、タモ入れを同行している釣り仲間に手伝ってもらいチヌをすくってもらう。

 

 

自分もチヌ釣り初心者の頃は、よく友達や先輩に手伝ってもらってましたが、毎回そんな事をしてもらっているわけにもいかずいつかは自分でやらねば!

 

と奮起して徐々にですがタモ入れをマスターしていきました。

 

やっぱり最後まで自分ひとりの力でやってこそ、本当の達成感が感じられてチヌの重量感を手元に手繰り寄せていく感覚は格別です

 

 

タモ入れは実際に自分でやってみて体で覚えるのが一番。

 

しかしそうは言ってもポイントもいくつかあるのも事実です。

 

ここでは実際のタモ入れのワンポイントアドバイスを紹介していきます。

 

 

 

タモ選びのポイント

タモは最後にチヌをすくうだけだから何でもいいんでしょ?

 

そう思ったら大間違い。

 

安物のタモを買うと非常に重く操作性が悪い。

 

 

磯釣りではタモの操作性が悪いのはかなりのストレスで、ただでさえウネリや波があってすくいずらいのに、その上タモが重かったら最悪です

 

 

また重い上にしなるタモもあり、波止場での釣りでは堤防のヘリにガリガリこすってしまうこともあるので、多少値が張ってもある程度しっかりしたモノを購入した方が良い

 

 

タモの柄の長さは5メートル以上のモノであれば大抵の釣り場で通用するが、かなり高さのある波止場では7メートルのモノで丁度良い場所もある。

 

これは自分のよく行く釣り場によって決めって行ったらいいかと思います。

 

 

タモ網はチヌ釣りでは45~50cmあれば十分でしょう。

 

 

タモ入れのワンポイントアドバイス

初心者にありがちだが、チヌが浮いてないのに早くすくおうと海中にタモを入れてチヌを追いかけ回してしまうこと。

 

 

強引にタモに入れようとするとチヌは暴れる。特に活性が高い時には浮かせても反転することがあるので、完全に海面に横たえらせ空気を十分に吸わせてからすくう。

 

 

竿を立てながら、海面を滑らせるようにチヌを手前によせ構えていた海中のタモの中に誘導していく。

 

 

力で取り込むのではない

 

右利きの人であれば、左手でタモを操作することがほとんど。

 

ここで変に力む必要はなく、チヌがタモに入ったら竿尻を太ももで挟んで後は両手で一気に手繰り寄せれば良い。

 

左手一本でタモを操作している時間は意外にも少ない。

 

 

 

無理に追いかけない

 

タモを差し出した瞬間に、最後の最後で反転して逃げようとするチヌもいる。

 

こんな時は一旦タモを置いて、再びチヌを海面に浮き上がらせれば次第に弱ってくる。

 

 

 

流れが速い時は潮下からすくう

 

潮流の流れが速い時は浮かせたチヌが潮下に流されていく。潮上から追うようにしてすくおうとするとかなりの重量が加わるため腕にかなりの負担がかかる。

 

潮下でタモを構えて、そこにチヌを流し込むような感覚ですくう。

 

 

 

まとめ

チヌ釣りの初心者がタモ入れを行うことはあまりないかもしれません。

 

しかしいつかは必ず挑戦しなければならない瞬間が訪れます。

 

私が初心者の頃は、エサ取りや外道のアジやフグを釣り上げた時にもわざと練習がてらタモを使って取り込んでいました。

 

意外なほど練習になって、初めて実際にチヌをタモ入れする際にもスムーズにいった記憶が有ります。

 

タモ入れはチヌとの勝負に勝った瞬間ですから実際に自分の力で救えるように頑張りましょう!

 

 

 

・チヌ釣り初心者を脱出する方法

 

仕掛け投入テクニック   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る