ゼロ釣法 チヌ

チヌの爆釣テクニックを公開したチヌ釣り入門ブログ

チヌ釣りの初心者必見!チヌ爆釣のマル秘テクニックを公開

ゼロ釣法をチヌ釣りで活かすメリット・デメリット

読了までの目安時間:約 6分

017

 

テトラ際や磯際で浅場のチヌを狙っていて、海面に現物のチヌが見えていてアタリがあるのに中々食い掛かりしない。

 

もしそんな経験があれば0号や00号を使った「ゼロ釣法」でチャレンジしてみるのも一つの手です。

 

グレ釣りでは王道的な釣法として用いられるようですが、チヌ釣りでも浅場でエサ取りが少ない時にはタナを入念に探っていく事ができるので有効です。

 

ゼロ釣法は仕掛けの比重が軽いため潮との相性もよくツケエ先行で流していける。

 

 

チヌフカセ釣りで「ゼロ釣法」を試す時のポイントを紹介します。

 

 

0号・00号の違い

チヌ釣りでゼロ釣法をやる時に押さえたおきたいのが0号ウキと00号ウキ。

 

通常どの種のウキにも余浮力というものがある。3Bのウキに3Bのオモリを付けても普通は沈まない。

 

 

これはウキメーカー側の配慮で、ウキにはガン玉などのオモリ以外にもサルカンやハリ、付け餌などの重みが加わる事が前提されていて、それらが加わった上でプラマイ0になるように「余浮力」というものが予め負荷されているから

 

 

そのため3Bのウキに対して3Bのガン玉ではプラマイゼロにならずに沈まない。

 

 

0号ウキというものはこの「余浮力」が0ということを意味している。

 

00号ウキはそのバージョンアップ版でかぎりなく「余浮力」が0に近いウキ。

 

 

海水は塩を含んでいるため、飲料水などの真水とは浮力が変わってくる。

 

塩分濃度の濃い海域ではギリギリ浮いていた00号ウキでも、河川の合流する汽水域では沈んでしまったりする。

 

 

0号ウキ:固定仕掛けでは海面スレスレを浮くが仕掛けが立つと少し沈む。

全遊動仕掛けでは海面スレスレに浮き、潮目に入ると徐々に沈んでいく

 

00号ウキ:固定仕掛けでは少し沈み、仕掛けが立つと徐々に沈んでいく。

全遊動仕掛けでは少し沈み、潮目に入ると沈んでいく

 

 

ゼロ釣法のメリット・デメリット

メリット

冒頭にも書いたように浅場でチヌが見えている時で、チヌがツケエを食ってこないような食い渋りの時には是非試してみると良い。

 

余分なオモリが付いていないためツケエが先行しシンプルで、チヌにより違和感を察知されにくい

 

違和感を感じないということはツケエを食っている(口に入れている)時間も長くなるということなのでアワセもし易い(食い込みが良い)。

 

 

浅場のタナがいまいちわからない時にもゼロ釣法は有効で、仕掛けが馴染むのに時間がかかるためにそれだけ縦幅を広くチヌのタナを探っていける。マキエとの同調も比較的簡単にできる

 

 

デメリット

海面の塩分濃度は潮の流れ、釣り場、風の状況などによって日によっても変わってくるため繊細な余浮力の調整が難しく仕掛けが思うように沈まない。

 

そのためゼロ釣法だからとこだわらずに、仕掛けが沈みづらい時にはハリ上5~6cmのところに7号程度のガン玉をつけてみても良い

 

海の状況によってはこれでも沈まない場合もあるので、その時はさらに調整をかける。

 

 

ゼロ釣法はウキが海中に沈んでしまうためアタリが分かりにくいというデメリットもある。こんな時は固定仕掛けならウキ止めや、道糸に見やすい糸を結んでで目印をつけて仕掛けの反応を確認する

 

 

強風や表層の流れが速く仕掛けが流されてしまうような時は、00号ウキを選びウキごと深めに沈めてしまい、風や速い流れを突破する。

 

 

まとめ

正確に言うとゼロ釣法という釣り方の手法があるわけではない。

 

0号か00号のウキを使っていかにしてチヌを攻略するかが本質。

 

 

そのためオモリは一切使わない。

 

ゼロ釣法=全層だからウキ止めは一切使わない。

 

 

といったようにマニュアルでルール決めしてしまうのではなくあくまで状況に応じて工夫を凝らすのが重要です。

 

もともとグレ釣りや渓流釣りで行われてきた釣法が、チヌ釣りにも通ずる部分があるが故に応用されてきたという変動的な部分にも着目して、柔軟に臨んでいきたい。

 

 

 

・チヌ釣り初心者を脱出する方法

 

仕掛け投入テクニック   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る