チヌ釣り テクニック

チヌの爆釣テクニックを公開したチヌ釣り入門ブログ

チヌ釣りの初心者必見!チヌ爆釣のマル秘テクニックを公開

密集した藻場を攻略する仕掛け

読了までの目安時間:約 5分

4557792882_123803c4fe

 

春の産卵期を迎えると、浅場の藻場周辺に大型のチヌが上がってくる。

 

いわゆる乗っ込みの時期で、ヒットのチャンスも多くなり釣果が上がりやすい。

 

 

しかし得てしてこの藻場。厄介な面も多々ある。

取り込みもしにくいし、ウキが絡まったりと何かとトラブルが多い。

 

 

かといってこの有力ポイントを諦めるのはもったいない。

 

密集した藻場でチヌを攻略するポイント、やりとりしやすい仕掛けを紹介します。

 

 

 

藻場に適した仕掛け

藻場に適した仕掛けを作る時の注意点はなによりもチヌを

掛けたあとのやりとり。

 

もちろんチヌが藻の中に逃げ込まないように強引に浮かせるか、あまりやりとりをせずに

上手く沖の方へ誘導し、藻がない所でチヌを浮き上がらせるようにする。

 

しかしそうはいってもなかなか首尾よくチヌを誘導できるわけではない。

 

そこで藻場でチヌとのやりとりをする場合は、藻に逃げ込まれてもいいように

仕掛けを作り上げてしまう。

 

仕掛けは出来る限りシンプルに作り、最悪の場合でも損失を最小限に抑える

作りにする。

 

 

具体的な仕掛け作り

道糸・ハリス

チヌとの強引なやりとりも考慮し、道糸・ハリスともにワンランクアップさせる。

 

道糸は浅場の大型チヌが掛かり急な力が加わっても耐えられるように

伸びやすい素材のナイロンを選択。

 

ハリスは本来細ければ細いほどサシエが自然に漂うため効果的だが、

ハリスの号数を下げるのはどうしても釣れない時だけにする。

 

浅場の藻場にいるチヌは食い気も盛んなため太めのハリスでも十分ねらえる。

 

 

細いハリスでチヌをバラしてしまうと、そこのポイントで狙い続けることが難しくなるため、バラシを避けることを優先する。

道糸:ナイロンライン2.5号

ハリス:フロロカーボン2号

 

 

 

ハリ

チヌに藻場に逃げ込まれることを考え、早アワセをすることも多い。

かかりやすいように大きめのチヌ針で挑むのがいい。

ハリ:チヌバリ3号

 

 

スイベル

ラインがヨレないようにするのはもちろんだがこの場合は、スイベルを使うことで

万が一のライン切れ対策としてハリス側から切れるようにしておく。

 

 

 

 

ウキストッパー

ウキストッパーを付けておけばラインが道糸側から切れたとしても、ウキを喪失する

確率は減る。

毎回毎回ウキをなくしていたらやる気も失せてきます。

 

 

 

まとめ

今回紹介している藻場での仕掛けはある程度チヌと強引なやりとりをするという

前提のものです。

 

もしラインワークに自信があって、チヌを簡単にコントロールできる方はこの仕掛の限りでは

ありません。

 

 

しかし太いラインになると操作が難しく簡単にチヌをコントロールできないことが多い。

初心者であれば尚更。

 

であれば予めに藻場での仕掛けに工夫を凝らし、最悪自体も考慮にいれた強い仕掛け

作りも全然ありでしょう。

 

やはりバラシやライン切れは心が折れるものです。

チヌとの勝負の以前に自分に負けてしまっては意味がないです。

 

 

 

 

 

いつも応援クリックありがとうございます
少しでもイイねと思いましたらポチっとしてもらえると幸いです
にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

・チヌ釣り初心者を脱出する方法

 

仕掛け・タックル   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る