チヌ釣り,固定仕掛け

チヌの爆釣テクニックを公開したチヌ釣り入門ブログ

チヌ釣りの初心者必見!チヌ爆釣のマル秘テクニックを公開

チヌの固定仕掛けに適したフィールド

読了までの目安時間:約 5分

1851109650_6a396a96fd

 

チヌ釣りにおいても固定仕掛けは古くからある基本的な仕掛けで、竿の長さによって狙える水深(タナ)が決まってくるため主に浅い場所での釣りに用いられます。

 

しかしそうはいっても水深10メートルのところでも全てのチヌが底付近を泳いでいるわけではありません。

水深が深い場所でも浅い層を泳いでいるチヌを十分に狙えます

 

 

その場合はいくつか注意点があります。

 

 

固定仕掛けで狙える範囲

 

固定仕掛けで深場を狙うのはキツイです。これは磯竿の平均的な長さにも理由があります。

 

チヌ釣りでの基本号数は1号。長さは5.3Mが標準的。

これだと狙えるタナが4メートル前後になってくるため、浅い場所が狙える範囲になってきます。

 

無理してこれよりも深い位置でウキを固定すると、魚がかかった時に竿が曲がってしまい魚を足元まで

寄せられません。

 

私もこれでウキが竿の穂先にぶつかって、穂先を壊してしまったことがあります。

なので水深10メートルのところで、固定仕掛けで10メートルの海底は狙えません。

 

 

ただ水深が4メートル前後の場所なら、海底まで釣る事が可能なので、水深をしっかり把握しているのならば

チヌの底を回遊する習性を押さえて、重めの固定仕掛けで底を重点的に狙うのも一つです。

 

 

 

 

固定仕掛けで浅場のチヌが釣れる時とは?

 

浅場のグレを狙っていたらチヌが釣れた!

 

アングラーの仲間内でもこんな会話が普通にあるかと思います。

基本チヌもグレと同じく底付近を回遊する魚ですが、浅場付近に顔を出すときもあります。

 

 

それは

 

  1. マキエにつられて浮いてきた時
  2. エサを求めて回遊する夜

 

です。

 

 

 

マキエに釣られて浮いてきた時

グレのように群れでは行動しないので、浅場にきているかの判断は難しいが

警戒心の弱い小型のチヌが海面まで浮いてくる。

 

 

 

エサを求めて回遊する夜

夜になると警戒心の薄れと視界がみにくいこともあり、大型のチヌも浅場に浮いてくる。

特に河口付近や潮の流れが緩んだ場所は狙い目。

 

夜釣では匂いの強いマキエを少量ずつまいて、回遊するチヌを足止めさせ、少し太めの

固定仕掛けで釣り上げるのがポイント。

 

 

まとめ

 

今ではリールを使った釣法がメインになってきたため、遠方まで仕掛けを飛ばし、ウキを横に動かして

タナを変更しながら釣れる深さが探れるようになった。

 

 

マキエを何回もまくことで、マキエの帯を広げていき、そのポイントにチヌを浮上させる。

チヌ釣りの固定仕掛けはマキエと仕掛けをいかに同じ場所に流すかで釣果が上がってきます。

私が初心者の頃は固定仕掛けを投げるのも、マキエを投げるのも上手くいかなかったため、はじめに固定仕掛けを投入してから、ウキをめがけるようにマキエをまいていました

 

 

 

チヌ釣り初心者の方におすすめの釣法です。

 

 

 

 

 
いつも応援クリックありがとうございますm(_ _)m
少しでもイイねと思いましたらポチっとしてもらえると幸いです^^
にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

・チヌ釣り初心者を脱出する方法

 

仕掛け・タックル   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る