チヌ釣り,初心者,リール

チヌの爆釣テクニックを公開したチヌ釣り入門ブログ

チヌ釣りの初心者必見!チヌ爆釣のマル秘テクニックを公開

初心者に適したリール

読了までの目安時間:約 6分

2014y03m30d_100842914

 

 

フカセ釣りで使うリールに迷われる初心者さんは多いのではないでしょうか?

 

私も先日、後輩から「初心者におすすめのリールってどんなのですか?

 

と質問を受けたので、かいてみたいと思います。

 

 

ドラグとレバーブレーキ

リールには大きく分けてスピニングリールとベイトリールの2種類がありますが、チヌ釣りでは竿に対して

横にラインが巻かれるスピニングリールを使うのが普通です。

 

これはコンパクトにスイングができて、トラブルも少ないためフカセ釣りの初心者にも扱いが簡単です。

スピニングリールには更にドラグタイプとレバーブレーキタイプの2つのタイプがあります。

 

 

ドラグタイプ

設定した強さを超えた時に道糸が出ていくシステム=ドラグを搭載しており、急に大物のチヌがかかっても

フロントもしくはリアーに取り付けられたドラグ機能がスプールを調整してくれ、糸切れを防止してくれる。

 

チヌがかかってからドラグの調整はできないので予め設定を行っておく必要がある。

 

 

設定さえしっかりとできていれば、強い当たりがでた時に自動的に道糸が出ていくため、ラインに加わる力を

調整する必要がないため初心者には使い易かったりもします。

 

 

ただこのドラグの事前設定が意外と難しく、締めすぎると竿をのされてハリス切れを起こしてしまったり、逆に

緩いとハンドルを巻いてもスプールが回転して巻き取れなかったりで設定自体に経験が必要になったりします。

 

 

レバーブレーキタイプ

ブレーキレバーを握る指の加減で道糸の出し入れを調整できるタイプ。指を緩めると道糸が出ていき、

強く握れば逆転がとまって道糸がでなくなるという単純な構造。

 

チヌ釣り初心者のうちは、道糸の調整がアングラーまかせのため上手くできず、誤った使い方をしてしまい

魚をバラしてしまうことも多い。

 

しかしレバー操作に慣れてくればチヌの鋭い突っ込みにも一瞬で対応できるため人気のあるタイプでもある。

 

精密機械並みのリール

最近のリールは非常に高度に作られており、精密機械なみと言えます。

 

正直なところパソコンや車などと同じように値段が高ければ高いほど高性能になります。

しかし初心者でいきなり高価なリールに手を出すには少し敷居が高いかと思います。

 

リールの特徴として、小さいと巻き上げスピードが遅くなったり、スプール径も小さくなるため糸に

巻き癖がつきやすい。

逆に大きいと巻き上げは速くスムーズだが、リール自体に重みがでて竿とのバランスが取りづらくなる。

 

なので3号の道糸が100~150メートル巻けるリールであれば初心者にも十分かと思います。

 

 

ダイワかシマノがおすすめ

具体的にはダイワなら2000~2500番あたり

 

価格も2万~3万の間。

 

ダイワ2500H-LBD

 

 

シマノなら

 

シマノBB-X ラリッサ 2500D

 

 

ここら辺ならトラブルも少なく価格帯も高すぎずで初心者にもいいでしょうね!

人気もありますしおすすめです。

 

 

安いリールはダメなのか?

例えば1万以下の手頃に買える安いリールはどうなのか?

 

私見ですが正直おすすめはできません。理由として、大物がかかった時にチヌがなかなか浮いてこなく

体力を異常に消耗します。

 

またリールの耐久力も弱く何回も使用しているとすぐにトラブルがおきるようになります。

 

なのでチヌ釣りの初心者といえどもリールだけは始めからある程度こだわったほうがいいでしょう。

 

 

やり始めていけばすぐ良いリールが欲しくなったりもするものです。

 

であればチヌ釣りの初心者でもはじめからストレスなく使用できるリールをチョイスするべきです。

ぜひ参考にしてみて下さい!

 

・チヌ釣り初心者を脱出する方法

 

リール   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る