道糸 メンテナンス チヌ

チヌの爆釣テクニックを公開したチヌ釣り入門ブログ

チヌ釣りの初心者必見!チヌ爆釣のマル秘テクニックを公開

道糸のメンテナンス。マメなチェックが釣果を上げる!?

読了までの目安時間:約 6分

a1180_007868

 

 

 

風や潮の流れが強いわけではないのにラインの遊動がうまくいかない。

 

チヌがかかったにも関わらず、あろうことか道糸が切れてしまいバラした。

 

ライン切れなら自分のテクニックの未熟さを反省できるが、道糸切れでチヌをバラしてしまうのはある意味自分のの管理不足であると思う

 

道糸は消耗品であるが故にマメにメンテナンスをいれて、チェックを怠らないように気をつけたいところです。

 

道糸の細かいメンテナンス法を紹介します。

 

 

チヌ釣りでの道糸

稀に4号か5号の太い道糸で釣りに励んでいる人を見かけるが、チヌ釣りでは道糸は細い方が良い。

 

道糸が太くなればそれに比例して自重も表面積もあがる。その為それだけ抵抗を受けます。

 

 

水深をしっかり把握してて、チヌのタナも計れて縦の層は完璧に押さえているのに肝心の仕掛けが飛ばず、平面的な横の層に届かない

 

 

例えば風や波のうねりの強い日に、5号の道糸とBのガン玉一個という仕掛けを3メートル遊動させるのは相当難しいです。道糸が影響を受けてなかなか沈まないから。

 

 

こうなってしまっては道糸のメンテナンス以前の話しになってしまいます。

 

 

チヌ釣りの道糸は2号もあれば十分で、シチュエーションにもよるが軽い仕掛けを作るのが基本です。

 

 

道糸の具体的なメンテナンス法

 釣行中にヨレた時

道糸の号数も適度なものでオモリとのバランスも合っているのに遊動がスムーズにいかない。

 

こんな時は仕掛けを回収し、足元において道糸にヨレやささくれがないかチェックしてみるのが手っ取り早いです。

 

ヨレを作る原因として、円錐ウキで大きなアワセをした時に、摩擦で道糸をこすってヨレを作り遊動がスムーズいかないパターンが多い

 

また棒ウキだと接続金具に道糸が絡まってしまってヨレやささくれの原因になっている事が多々ある

 

道糸が傷ついていたら、ウキ止めを上にずりあげて、遊動部分の2倍の長さの道糸を手に巻きつけて切り捨てる。

 

道糸がカールしている時は引っ張って巻き癖を修正する。

 

こうした釣行中のちょっとしたメンテナンスが、途中面倒であっても最終的に釣果を上げることになります。

 

 

釣行後の道糸のメンテナンス

釣行から帰ってきたらできるだけ早め(汚れが固まる前)にメンテナンスを行う。

 

リールからスプールを外し、ジャブジャブと流水で塩分や汚れを洗い流す。

 

 

バケツなどにぬるま湯をはり、そこにスプールごと5~6分漬け込むといったやり方でもOK。この場合スプールの油が溶けると道糸に付着してしまうのでグリスに注意します

 

 

ナイロンラインは吸水性があり水分に弱いので注意。そのため水洗いしたらペーパータオルなどを巻きつけ強く絞り十分に水気を切ります。

 

その後は日陰で完全に乾くまで干し、乾いたら念のため専用のフッ素樹脂スプレーを吹きかけておきます。

 

早く乾かそうとヒナタに置かないように注意!道糸が紫外線の影響を受けて品質が一気に劣化します。

 

 

 

まとめ

道糸は釣行ごとに先端7メートルは切り捨てるようにしたい。

 

先端付近は摩擦の影響で摩耗している事が多いからだが、傷がなくてもケチらずに交換します。どんどん使って回転させるぐらいの意識でいるのが丁度いいですね。

 

3~4回カットして短くなってきたら惜しまず取り替えるようにします。

 

 

メンテナンスをかけていても道糸が少なくなった状態で使っていると、強度が弱ってくるし投入した際にスプールエッジに引っかかるというトラブルが起きます

 

 

道糸は決して高価なものを使う必要はないので、消耗品ととらえて細い道糸をマメに交換する。惜しみない決断も重要なメンテナンスの一つです。

 

 

 

 

 

・チヌ釣り初心者を脱出する方法

 

ライン   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る