渚釣り チヌ,渚釣り PEライン

チヌの爆釣テクニックを公開したチヌ釣り入門ブログ

チヌ釣りの初心者必見!チヌ爆釣のマル秘テクニックを公開

渚釣りでチヌ釣りするならPEライン!

読了までの目安時間:約 6分

a1380_000513

 

 

 

砂浜からウキを投げてチヌを釣る「渚釣り」。

 

よく秋口にやっている方を見かけますが、私見では通年でいけると思ってます。

ただ夏場は海で泳いでる人が沢山いるので注意が必要ですが・・・。

 

 

そんな渚釣りでまず始めに悩まされるのが、まずなんといっても「波」でしょう。

 

 

特に外洋などに面している釣り場では、打ち寄せてくる波が重く力強いため

ラインが波に流されてしまい、意図する方向に仕掛けを流せない。

 

 

風の影響を恐れてサスペンドラインを使うと、波打ち際の無くなるような波に道糸を

取られてしまい、波の下に沈んでしまう。

 

 

そんな渚釣りで波打ちに使用するのがPEラインです。

 

 

PEラインの0,8号で渚釣りを攻略

渚でチヌを釣る時、特に風もさほどないような状態。

 

そんな時は道糸にPEラインを使用してみるがよい。

 

 

PEラインは竿先にからまりやすかったり、引っ張り強度が高いため根掛かりした時に

切れにくかったりもして、フカセ釣りでは初心者から敬遠されがち。

 

 

しかしPEラインの大きな特徴として、糸の軽さと糸の強度がある。

これを渚のチヌ釣りで存分に生かす。

 

 

PEラインは比重が軽いため海中に沈まず、海面に浮きます。

そのため波打ち際でもラインを持ち上げやすいので、ライン操作が容易になり波に道糸を取られにくい。

 

 

通常渚釣りでは、ラインが波の下に入らないように、打ち寄せてくる波にたいして

竿を立てて対応しますが、PEラインであれば海面に浮くため波の下に入りにくい。

 

この利点を生かし7~8回に一回上げればいいだけで済むので、効率もよく集中してアタリを探れる。

 

 

強度が強い事を利用して、0,8号ぐらいのおもいっきり細いものを選ぶ。

(あんまり細すぎるものは潮に流されてしまうので注意)

 

道糸が細ければ、波を切る時にも抵抗が少ない分で簡単に上げることができる。

 

慣れてくれば打ち寄せる波に対しても、スッスとスムーズに波切ができ、波自体が

気にならなくなる。

 

 

チヌがかかった時もPEラインだと感度がよく、伸びも少ないためチヌの引きをダイレクトに

感じられて、フロロカーボンとは違った手応えを楽しめます。

 

 

「違う魚がかかったのかと思った!」

 

なんて事をいう人もいるほど。

 

 

 

初心者はインターラインロッドと組み合わせても良い

セッティングが難しく、メンテナンスが厄介などで使用しない人が多いインターラインロッド。

渚釣りでは、PEラインのデメリットをカバーしてくれる意外な一面も持っている。

 

 

PEラインは糸に弾力がないため絡まりやすいという大きなデメリットがあります。

 

 

しかしここを糸絡みのトラブルが起きにくいインターラインロッドと組み合わせることで、

大きく解消することができる。

 

一昔前のインターラインロッドとは違い最近の物は放出性もよく遠投もできる。

 

 

特に初心者で渚釣りにチャレンジする人にはPEラインとインターラインはおすすめ。

 

雨などのコンディションが悪い場合や横風が強い時等でも、比較的楽にラインメンディングもできるので

釣果アップが期待できます。

 

 

あまりインターラインロッドを推奨するアングラーがいませんが、渚釣りではかなり

有効だったりします。

ダイワのメガドライあたりを選べば、外ガイドで竿先にトラブルを連発しているよりは

よほど良いでしょう。

 

ただメンテナンスがしっかりできるということが絶対条件になりますが。

 

 

 

 

 

 
いつも応援クリックありがとうございます
少しでもイイねと思いましたらポチっとしてもらえると幸いです
にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

・チヌ釣り初心者を脱出する方法

 

ライン   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る