チヌ釣り マキエ

チヌの爆釣テクニックを公開したチヌ釣り入門ブログ

チヌ釣りの初心者必見!チヌ爆釣のマル秘テクニックを公開

チヌ釣りでのマキエのまき方

読了までの目安時間:約 5分

9571261224_20853130a1

 

せっかく作ったマキエも上手くまくことができなければ意味がありません。

 

 

闇雲にまいたもののエサ取りだらけにあった。

エサ取りすらなくチヌが全く集まらなかった。

 

 

これではせっかく配合を吟味して丹念に作ったマキエが台無しです。

 

チヌ釣りにおける上手なマキエのまき方を考えます。

 

 

チヌ釣りに適した柄杓を選ぶ

状況によって選ぶ柄杓は変わってきますが、チヌ狙いの場合はM~Lサイズのものを選び

少量をこまめにまくのが基本となります。

 

狙ったポイントに的確に投げるには柄の柔らかいものは使わないようにし、カップもフッ素加工

されたものを選ぶとマキエの離れも掴みやすく、コントロールが効きます。

 

 

マキエ柄杓のシャフトの長さが長くなればなるほど遠投向きになり、

短くなると近距離向きで座って投げる専用になります。

 

 

もし余裕があれば遠投用と近距離用の2種のマキエ柄杓を用意しておくのが理想的。

 

まだ初心者でまずはマキエを投げる感覚をつかみたい人は

シャフトが60cmの物を一本用意すればいいかとおもいます。

 

 

マキエの投げ方

マキエは一回のまく量を少なくして回数を増やすことを言いましたが、

 

特に水深が8メートル以上のポイント狙いの時ではまく量をさらに増やし、

まく直前にマキエをバッカンでよく練り込み、すくう時に縁でよく固めて投げるとマキエの落下速度が速くなります。

固めることで遠投もしやすくなります。

 

 

逆に広範囲に渡ってまきたい時は軽くすくってバラけやすいようにするとよいでしょう。

 

フォームは上からオーバースローで投げると一番コントロールがしやすく無理もない。押し出す手をピタッと止め

その勢いでマキエが飛び出していくようなイメージ。

 

ポイントが近い場合や風の強い日には下から投げるとよいです。この時もコツとして押し出す手をピタッととめる感覚が

ポイントです。

 

 

マキエは仕掛けを入れてから打つ

マキエを打つ(投げる)タイミングとして「仕掛けを投げた直後にかぶせるように打つ」ことです。

 

こうすることで仕掛けがなじむ頃にマキエが一致し、ウキ下やエサの落ち込みに不自然さがなければ

チヌが食いついてくる可能性がかなり高まります。

 

 

仕掛けを投入した後にマキエを4~5杯まいていき、もしコントロールが定まらないようなら、

めげずに何度も仕掛けめがけてまいていくのがコツです。

 

 

マキエを先に投げてしまうと肝心のチヌがマキエだけを食べて逃げ去ってしまい、

メインのサシエが単なるエサ取りの餌食になってしまうだけになります。

 

 

まとめ

釣り場では必ず潮がまいていたり、風や雨が降っていたりと色々な条件によって

仕掛けとマキエの流れ方は変わってきます。

 

この微妙なズレはやっていく中で培われてきますが、状況に応じたマキエの

打ち方は別途解説していきたいと思います。

 

 
いつも応援クリックありがとうございますm(_ _)m
少しでもイイねと思いましたらポチっとしてもらえると幸いです^^
にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

・チヌ釣り初心者を脱出する方法

 

マキエ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る