チヌ釣り テクニック

チヌの爆釣テクニックを公開したチヌ釣り入門ブログ

チヌ釣りの初心者必見!チヌ爆釣のマル秘テクニックを公開

ハリスの長さは釣り場の状況で決める!?

読了までの目安時間:約 5分

fa1bd5c1a952ad6a99d23139_640

 

チヌのフカセ釣りでハリスの長さはどれくらいがいいのでしょうか?

 

竿の長さいっぱい?

一ヒロ程度?

 

 

正直ハリスの長さは釣り場の状況で決めるしかない。

 

 

自分が通いなれ熟知している釣り場だとしても、狙うポイント、その日の潮流、

海の濁り具合などでハリスの長さは臨機応変に変えていく必要がある。

 

 

ハリス長短のメリット・デメリット

ハリスを長くとった場合の大きなメリットは、潮に馴染みながらゆっくりと沈下していく

ため、幅広い層のチヌを狙うことができる。

 

チヌの回遊層がはっきりしない場合、回遊層が安定しない場合には

ハリスを長くとった方が有効。

 

風が強く波のうねりが強い日はハリスを長めにとっておけばツケエの上下動を

抑えることができる。

 

ウキとハリの距離が長くなるためチヌの警戒心が和らぐ。

 

一方で、ハリスが長い(竿いっぱい)と投入がしづらいというデメリットがある。

 

狙うタナがピンポイントで決まっていて、いち早くそのタナに仕掛けを沈下させたい時には

ハリスを長くとっていると、それが裏目に出てしまうため2メートル前後にハリスを短くした方が良い。

 

ハリスが長いと着水時に糸絡みする可能性も高くなるため、同じポイントへ何度も手返しし

仕掛けを送る作業を繰り返す場合には能率が悪い。

 

馴染みの時間が長いと、エサ取りが多い場合全く太刀打ちができないために短くとる

必要がある。

 

 

釣り場の状況によって合わせる

ハリスを短くとれば根掛かりが少なくなる。そのため底タナを一点に決めてチヌを狙っていくなら

ハリスは短くとったほうが良い。

 

 

しかし底潮の流れが速いとハリスが短いとマキエと同調しにくくなる。

 

これはマキエが底潮にどんどん流されていってしまうからで、短いハリスでは沈下スピードが

速いため仕掛けが立ちやすくマキエとの距離にズレが生じてしまうから。

 

こんな場合はハリスを長くとれば、沈下スピードが遅いため底潮の流れに同調し、結果マキエとも

同調する。

 

 

 

また朝タナを狙うから短いハリスが良いか?といったら一概にそうとも言い切れない。

 

タナが浅くてもハリスを長くとった方がウキに対する距離を長くし、チヌの警戒を

軽減できし、ツケエの浮上角度を合わせ安く誘いも入れられる。

 

 

まとめ

ハリスの長さは釣り場の状況によって臨機応変に変える事を書きました。

 

しかしざっくばらんに言うと、初心者は底だなをピンポイントで狙う時だけ短いハリス(2m)を使い

その他、広くゆっくりと探っていくなら長くとる(3~4m)予め決めておくのが分かりやすい。

 

 

短いハリスの場合は結局仕掛けが立ってしまうため、流れの影響を受けにくいという面が

あるが、不自然さが出てしまうという面もある。

 

かといって長いハリスは海中で糸ふけを作ってしまうという面もある。

 

 

相互にメリット・デメリットはあるために、大枠を決めてチヌに挑むのは勿論だが

あまりにアタリがない場合はハリスの長さを1m単位で変えてみると良い。

 

 

全ては釣り場の状況によります。

基本ベースを自分の中で決めながらちょっとした工夫をつけると良いでしょう。

 

 

 

 

 
いつも応援クリックありがとうございます
少しでもイイねと思いましたらポチっとしてもらえると幸いです
にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

・チヌ釣り初心者を脱出する方法

 

ハリ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る