水中ウキ,チヌ

チヌの爆釣テクニックを公開したチヌ釣り入門ブログ

チヌ釣りの初心者必見!チヌ爆釣のマル秘テクニックを公開

水中ウキは食い下手なチヌの救世主!?

読了までの目安時間:約 6分

l_081

 

 

チヌはエサを食べるのが下手だと言われています。

 

まあこれも実際のところ真相は分かりません。警戒心が強いからそう感じさせるのか、なかなかサシエを

食ってくれないからそう感じるのか、人間側の勝手な思い込みかもしれませんね。

 

チヌだけに限らず、フカセ釣りではツケエが安定して流れるというのが釣果をあげるためにも大きなポイント

なると思います。

ツケエがふらふらと上下左右に振れていては食いベタなチヌが喰いつくこともできないでしょう。

 

 

通常だとガン玉で速い流れのなかでのツケエの安定をはかったりしますが、今回は水中ウキを使用したツケエの安定

を考えてみたいと思います。

 

ガン玉と水中ウキの違いって?

水中ウキはオモリ?

 

こんな疑問を思い浮かべているチヌ釣り初心者さんは必見です!

 

 

水中ウキの効果

水中ウキは使ったことがない。仕掛けの一部として使っているがいまいち効果が分からない。

そんな方のためにまずは水中ウキの代表的な効果を解説します。

 

 

仕掛けを遠投させる

強風や軽い仕掛けを遠くに飛ばしたい時に効果がある。

特に向かい風で遠投がしずらい時、雨が降っていて仕掛けが流されやすい時にも効果的。

 

 

潮の流れに乗せる

水中ウキの構造上、海中で帆の役割を果たす(シーアンカー)ことから小さな流れも効率よくつかんでくれる。

マキエとサシエが同調しやすくなる。

 

 

ツケエがリアルさを増す

水中ウキをつけるとツケエの沈下するスピードに、ガン玉とは異なる緩急の差がでます。

これによりツケエに自然感が出てリアルな仕掛けになる。

 

 

二枚潮対策

水深が5メートル以上あるタナを狙う時によくおこることで、上層と下層で潮の流れがことなる二枚潮対策にも

水中ウキは効果的。

通常の仕掛けでは二枚潮が発生すると底の深いタナまで届かなかったりするが、水中ウキなら体積が広く全面で下層の潮の流れを受けるため、逆方向に流れる上層の流れは受けずに一定のタナをキープする

 

 

水面下の潮を読む

視認性に優れた水中ウキが、水面下の潮の流れを伝えてくれ、仕掛けの流れる方向をみて道糸の修正ができたり

仕掛け自体がトラブった時にもすぐにアングラーに伝えてくれる。

 

 

仕掛けの浮き上がり防止

水中ウキの重みが仕掛けを安定させ、強風で道糸が引っ張られたりしても仕掛けが浮上するのを防ぐ事ができる。

潮のウネリが大きい時でも安定して流すことができるため、一定のタナをキープできる。

 

 

速く沈める

アンカーとしての役割も果たしているため仕掛けを素早く沈めることができる。特に逆三角形型の細いタイプの

水中ウキを使えば通常の錘よりも速く沈めることができる。

 

 

水中ウキのデメリット

効果の高い水中ウキの機能をずらずらと紹介しましたが、アングラーの中には水中ウキを使用しない人も多々います。

その理由として扱いが非常に難しい!というデメリットが挙げられます。

 

例えば

・遠投の時に通常のウキと水中ウキの2つが付いているので絡まりやすい

・チヌが食う時に抵抗になってしまう

・スレ気味の堤防などでは水中ウキの着水音がチヌに敬遠される

・潮が速すぎると流されすぎる


などがあります。

 

結局は釣り人の使い方次第なのでしょうが、ガン玉とのバランスを考えて使うわけですから

かなりの経験がないと初心者には使いこなすのが難しい印象です

 

 

まとめ

ガン玉は仕掛けに張りをもたせる役目、仕掛けの安定、当たりを敏感にキャッチなどの海面下での大きな役割。

水中ウキは強風や二枚潮などの表と裏で流れがことなる時に、その両方の動きを汲み取って安定したタナを

キープする役割。

 

どちらもなくてはならない存在ですが、取り扱いには天候や釣り場の状況、狙うタナなど臨機応変な使い方が必要です。

初心者の方は扱いが難しいので敬遠しがちですが、使ってみないと水中ウキのメリットもデメリットも

見えません。

 

是非積極的にチャレンジして、チヌ釣りのテクニックを向上させましょうね。

 

 

 
いつも応援クリックありがとうございますm(_ _)m
少しでもイイねと思いましたらポチっとしてもらえると幸いです^^
にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村
 

 

 

 

 

・チヌ釣り初心者を脱出する方法

 

ウキ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る