棒ウキ メリット デメリット

チヌの爆釣テクニックを公開したチヌ釣り入門ブログ

チヌ釣りの初心者必見!チヌ爆釣のマル秘テクニックを公開

棒ウキの単純なメリット・デメリット

読了までの目安時間:約 6分

044

 

 

チヌ釣りで使われるウキの代表各として棒ウキがあります。

 

円錐ウキの対極として挙げられるこの棒ウキですが、その魅力は何と言っても消しこむようなスパッっとしたアタリ

 

棒ウキのアタリを見るのは楽しく、ある意味でチヌの動きを視覚的に楽しむ事を可能にしたのがこの棒ウキかもしれません。

 

チヌ釣りでは主に玄人に好んで使われる事が多いようですが、初心者のから中級者の方で棒ウキの魅力を味わいたい人も多いはず。

 

今回はチヌ釣りで、棒ウキを使うことでの単純なメリット・デメリットを紹介します。

 

棒ウキ選びのヒントにして貰えればと思います。

 

 

 

 

円錐ウキと棒ウキの違い

円錐ウキがチヌ釣り初心者に好まれる最大の要因として、仕掛けがシンプルなためライントラブルが起きにくいという点

 

 

特にキャストもうまくできないような時には、風などの影響を受けにくくキャストすることができるので、トラブル解消している時間に大半を取られるというリスクを減らせる。

 

ただ視認性や、感度といった部分ではやはり捉えづらい部分も多いため、円錐ウキでの微妙な感度が分かるようになってきたという人は、段階的に棒ウキを使う事をおすすめします。

 

 

 

一方で棒ウキはその形を見ても分かる通り、チヌの引きに対する感度は抜群に良い

 

 

実際に使ってみるとその通りで、中通しの円錐ウキと比べてみても小さなアタリが取りやすく遠投してもアタリが見やすいのも魅力の一つです。

 

初心者で円錐ウキを使い慣れた人なら、特にこの感度と視認性に関してはその違いに感づくと思います。

 

仕掛け自体のなじみも、ウキのトップの沈み具合に出るので非常に分かりやすい。

 

棒ウキは風の影響を受けるのでは?と心配する人もいますが、自立ウキを使えば長いボディが水中に深く入っているため踏ん張りが効き思っているほど風の影響は受けない

 

海中面に入っている部分が多いので、潮の受け方も変わり、円錐ウキとは違ったコースを流れるという特徴もある。

 

 

棒ウキのメリット・デメリット

棒ウキのメリット

棒ウキは遠投した時に海面に立っているため、視認性が良いというメリットがあるが逆光時にも円錐ウキに比べてよく見える

 

遠投させにくいという感想もあるが、これは向かい風の時の話しで、逆に追い風のときは飛距離もでてむしろ投げやすいというメリットもあります。

 

カン付きタイプの棒ウキはウキの着脱も簡単で、スナップのついたウキホルダーを使えば浮力の違うウキを簡単に付け替えられるので釣り場の状況にも素早く対応できます。

 

5メートル以上の深タナを狙って行く時などは、遊動部分が抜けていく時の抵抗が円錐ウキに比べて速いので、仕掛けがスピーディーに馴染むというメリットもあります

 

 

棒ウキのデメリット

円錐ウキを使い慣れた人が一番デメリットに感じるのが、浅タナが狙いずらいという点。

 

これはチヌが水面直下に居るときなどに、棒ウキだとウキとラインの接点が海面から遠い(沈んでしまう)ため、仕掛けが馴染むのに時間がかかり、その瞬間にチヌが食ってきてもアタリがわかりにくいためです。

 

また仕掛けに大きめのオモリを使った時には、やはり円錐ウキに比べて投入時に仕掛けが絡みやすいというデメリットがある。

 

ただこれはカラマン棒を使ったり、ウキとオモリの間隔をウキの全長以上にあけることでかなり解消できます。

 

 

まとめ

海面下の仕掛けの組み方として、最初は棒ウキでも円錐ウキでも同じで良いと思います。

 

ウキ下もオモリも同様に設定し、同様に仕掛けをなげる。

 

やはりチヌのフカセ釣りで一番重要なのはマキエとの同調。

 

 

棒ウキだろうが円錐ウキだろうが、浅タナ狙いの場合は0~Bのウキを選び潮の流れの速さに応じてオモリの号数を調整する。

 

これはどちらも一緒で変わらない。

 

チヌ釣り初心者で円錐ウキしか使ったことがない方はこの棒ウキのメリット・デメリットを是非参考にしてみて下さい。

 

 

 

・チヌ釣り初心者を脱出する方法

 

ウキ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る