円錐ウキ 選び方

チヌの爆釣テクニックを公開したチヌ釣り入門ブログ

チヌ釣りの初心者必見!チヌ爆釣のマル秘テクニックを公開

円錐ウキの選び方

読了までの目安時間:約 6分

img59061683

 

 

 

「フカセ釣りですか?なんでもOKなウキはんてないですよ。」

 

釣具店でウキを選んでいると、あまりにも量が多いためどれを選んで良いか分からず

店員さんに尋ねてみるとこんな事を言われる。

 

 

厳密にいえば、全ての条件を満たすウキというものが存在しないといった方が正しいかも。

 

張り切ってフカセ釣りで重要なウキを買いにいったはいいが、基本的な知識が乏しく

何を目安に選んで良いかサッパリわからない・・・。

 

 

そこで今回は釣り場や状況にあまり影響を受けにくい円錐ウキの選び方、何を基準に

判断すればいいかのポイントを解説します。

 

 

円錐ウキの基礎知識

オモリ負荷

その円錐ウキがどれだけのオモリを背負うことができるのか。

例えば2Bの表示なら2Bのガン玉を背負うことができる。

 

ただそうはいっても表示のオモリをつけて、円錐ウキにどれくらいの浮力が

残るかはメーカーによってバラバラだったりする

 

 

自重

ウキ自体の重量。重ければ遠投も可能で飛距離がでる。

ただ重くするにはその分サイズを大きくすることを意味し、サイズが大きいと感度が鈍くなる

 

ウキ浮力(2Bなど)が一緒でも、ウキ自重は8グラム、5グラムなど異なる。

 

感度

ウキの感じる度合いの事で、チヌに対するウキの反応を示す。

 

どんなに小さな探りにも変化を表してくれる高感度なウキが良いのは間違いないが

感度を優先し過ぎると、風やうねり等の影響をモロに受けるため操作性が落ちる。

 

 

視認性

ウキがどれだけ見やすいか。遠投では棒ウキが好まれるのはこの視認性に優れているから。

 

円錐ウキは頭が大きく浮く分、近距離でギリギリまでウキを沈ませて釣る時や、磯の高い位置から

際を狙うときなどは見やすい。

 

海面の色や日光の光線の中でも見やすいカラーをしたウキを選ぶのが重要なテクニックの一つ。

 

 

 

どんな円錐ウキを選べば良いのか?

道糸の操作すらままならないようなうちは、オモリ負荷のたかい円錐ウキを選んで

操作に慣れることが重要。

 

仕掛けは警戒心の強いチヌの事を考えると違和感の少ない軽い物が良いが、そもそも狙ったポイントに

仕掛けが届かないのでは意味がない。

 

オモリ負荷もあり自重もあるウキなら、多少の向かい風でも軽いキャストで遠投することもできる。

 

 

具体的には2B~3Bのオモリ負荷のもので、メーカーによって浮力が異なるので

同じメーカーで、サイズ違いのウキを選ぶようにする。

 

 

自重は10グラム以上のものでスタートしていき、ラインメンディングの技術が上がってきたら

徐々に小さく軽めのウキにシフトしていく。

 

また海面にぶつかったり、海を流れる木くずなどに当たるなどで、ウキの塗装が剥がれるものも

あります。

 

感度を重視した円錐ウキや値段の安いものによく見受けられ、塗装が剥げてしまうと

ウキ自体の浮力も変わり、視認性も落ちるのでこういったポイントも見逃せない。

 

 

 

まとめ

円錐ウキの使い方として、投げ安さにフォーカスして解説してきました。

 

これは初心者目線に特化したもので、チヌ釣りのテクニックが向上してくれば

様々な使い方のバリエーションは増えていくでしょう。

 

狙うタナや潮の流れ、天候などなど色々な要素が腕が上達するに従って

計算要素に入ってきます。

 

 

狙ったポイントにしっかりと投入できるようになる事を心がけると同時に

海中に入った仕掛けがどのようになっているのか意識しながらやる。

 

これができてるかどうかで釣果にも差がでてくるものです。

 

 

 

 

 
いつも応援クリックありがとうございます
少しでもイイねと思いましたらポチっとしてもらえると幸いです
にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

・チヌ釣り初心者を脱出する方法

 

ウキ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る