円錐ウキ チヌ アワセ,タイミング,フカセ釣り 

チヌの爆釣テクニックを公開したチヌ釣り入門ブログ

チヌ釣りの初心者必見!チヌ爆釣のマル秘テクニックを公開

円錐ウキでのアワセのコツとタイミングを掴む

読了までの目安時間:約 6分

072

 

 

フカセ釣りでアワセのタイミングを体で覚える時に、円錐ウキと棒ウキでは微妙にコツが

異なる。

 

 

それは仕掛けの糸ふけの出ている量に違いがあるから。

 

棒ウキ仕掛けの場合は、道糸が水面下に沈んでおり、風の影響を受けにくいという理由から

糸ふけが多めに出ている場合が多い。

 

一方で円錐ウキ仕掛けの場合は、道糸が海面近くを漂い風の影響を受けやすいという理由で

糸ふけがあまり出ていない場合がほとんど。

 

 

この糸ふけの量によって、アワセのタイミングとコツが変わってくる

 

 

具体的な円錐ウキでのアワセ

糸ふけが少ないということは、単純に竿の動きがダイレクトに針先の仕掛けまで伝わることを

意味する。

 

 

円錐ウキ仕掛けで、竿先をビシッと跳ね上げるような大きなアワセをすると、

ハリス切れを起こす可能性が高い。

 

 

チヌの活性が高くエサを競い合っているような時や、実際の狙ったタナよりもウキ下が浅い時には

スパッと消しこむようなアタリがでる時が多い。

 

こんな時に勢い良く円錐ウキが海中に消しこむことから、えてして慌ててしまい

焦って大きくアワセをとってしまう。

 

しかしこれは禁物

 

 

棒ウキではこれでアワセられることもあるが、糸ふけの少ない円錐ウキでは

ハリが外れてしまったり、ハリス切れの原因になってしまう

 

 

このようなアタリが出た時はチヌがスピードを上げて走っている証拠。

 

慌てずに竿をソフトに立ててあげればハリが勝手に刺さっていく。

 

 

針掛かりかどうか判断するには?

アタリがモゾモゾとしているような場合、本命のチヌが居食いをしているのか、エサ取りなのか、

はたまた根掛かりなのか?なかなか判断がしにくい。

 

そんな時は道糸をまき、糸ふけを張ってやると良いです。

 

この道糸を張って、ウキの変化に探りを入れるテクニックを「聞きアワセ」と呼びます。

 

 

魚の重みを感じたり、再び円錐ウキが沈むようなら、そのまま小さくアワセを入れる。

 

もし何も乗ってこないような場合は、エサ取りの可能性もありますので

サシエをチェックするといい。

 

竿を立てた位置から竿先がググっと引き込まれたらチヌがハリに掛かった可能性が

高い。

しかしそのままの状態で何もアクションも動きも無いようなら、根掛かりしていると

判断できる。

 

 

チヌの引き込みを感じたら、そのまま竿を90度くらいに引き絞りハリを食い込ませていく。

 

まとめ

フカセ釣りで円錐ウキでの基本的はアワセは、激しいアタリに対しては大きくゆっくりと

小さなアタリに対しては、小さく素早くという事が基本。

 

円錐ウキが沈む方向と逆方向に、ゆっくりと竿を倒してあげるぐらいの感覚で良い。

 

 

 

とはいえチヌ釣りで、アタリのパターンは難しいのは事実。

それは潮の流れや、ポイント、チヌの活性などによって状況が細かく異なってくるから。

 

 

臨機応変に、仕掛けに変化を加えることも重要。

ウキ下の長さを調整するとか、ガン玉の位置を変えてみたり、ハリのサイズを

変更するなど。

 

 

様々な状況やシーンで経験とテクニックを積み重ねていくことが一番の基本です。

 

 

 

 
いつも応援クリックありがとうございます
少しでもイイねと思いましたらポチっとしてもらえると幸いです
にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・チヌ釣り初心者を脱出する方法

 

ウキ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る